太陽光発電は、今がラストチャンスと考えよう!

太陽光発電の買取価格の今後は?

太陽光発電の買取価格は、今こそは33円と、基本価格より高い料金で買取ってくれていますが、事業をしている側にとっては、本来の姿ではありません。本来であれば、同等の価格か、それ以下での買取が正当で、あくまでも今は、普及のためにこのような価格が設定されています。結果を言えば、普及がある程度進んだ場合は、高速のETCのように恩恵がなくなると思っていたほうがいいでしょう。そのため買取価格が高い今が、ラストチャンスと言えるでしょう。

設置のワット数が大切!

では、どれくらいの規模を設置すればいいのかというと、一軒家では最低でも3キロワットは欲しいところです。理想は10キロワットです。10キロワットあれば、家賃近くの周遊が見込めますし、電気代はよっぽどのことが無い限りかからないです。3キロワットだと、何とか年の半年がプラスになるかどうかぐらいです。また、設置するのであれば、これを機会にオール電化にすれば、電気光熱費「0」生活も現実的な話となってきます。

今後の太陽光発電の傾向は?

今後の太陽光発での普及は、買取価格の動向によっては鈍化するかと思います。現状は、設置をすれば10年間の買い取り価格保証があるために普及が進んでいますが、もし今後、買取価格下がるなどした場合には、普及は鈍化していくことは間違いないと思います。そのため、今はある種、最後の駆け込み需要が見込めますが、今後の普及も考えると国の対策も検討しなければいけないところまで来ています。例えば、設置者には、10年保証をさらに10年保証するとかしなければ、厳しい状況と言えます。

太陽光発電の価格を調べたいと考えている場合には数多くの業者が掲載されているサイトを参考にすると便利です。