効率的に片付けよう!引越の荷造りのやり方

引越の片づけを効率的に

引越ってとても労力を要することですよね。引越当日に荷物を運び出すことも確かにとても疲れますが、それ以前の荷造りをする段階でも、荷物が多かったりするとかなり時間がかかって大変だったりします。荷造りは適当にやってしまうと、まだ使うものをしまってしまったり、置くスペースが確保できなくてごちゃごちゃしてしまったりすることもありますよね。だからこそ引越の片付けはできるだけ効率的に、労力を費やさずに済ませたいところです。

重いものと軽いものを織り交ぜる

ひとつのダンボールにたくさんの荷物を詰め過ぎて、後で持ち上げるのに一苦労してしまうなんてことを経験したことありませんか?段ボールごとに荷物を詰めてしまうと、こんな風に重いものが偏ってしまったりして、荷物を運び出すときに大変な思いをすることにもなりかねません。なので、重いものと軽いものを織り交ぜて入れるようにすると、重さがどのダンボールでも一定になって、引越の当日になってトラックに持ち運ぶ時にも便利ですよ。

部屋ごとに荷物を詰めよう

重いものと軽いものを織り交ぜて段ボールに入れるためには、部屋ごとに荷造りをしていくと簡単にできます。新居では部屋ごとに段ボールが運び込まれるので荷解きをするときにも便利です。ダンボールにはどうしても同じ種類のものを入れてしまいがちで、たとえば本ならば本だけを詰め込んで、結局後で重くて持ち上げることができなくなったり、段ボールの底が抜けてしまったりしますよね。こうして部屋ごとに荷物を積めるようにすると、いろんな種類の荷物を効率よく分けることができるのですね。

不用品の回収とは家庭で不要になった様々な物を電話一本で回収に来てくれるサービスのことです。回収されたものはリサイクルなどにまわされ、環境にも優しいサービスです。