電話代行業者はとても便利!代表的な使い方ベスト3

主要な相手とだけ携帯でやり取り可能

取引相手とのやり取りはほとんどが携帯という方にはありがたいサービスですよね。会社の固定電話を転送にしてもかかってくる電話は取引先以外の勧誘電話やセールス電話がほとんどなので転送にすると対応が面倒臭くなります。中には公共機関や銀行から電話もあるので固定電話は必要になります。しかもFAXは外せないので会社の固定電話は外せません。電話代行に頼めばそのような電話も対応してくれすぐにメールで知らせてくれます。すぐに相手に折り返せますので信用も下がりません。

人件費が削除できるメリット

電話代行の素晴らしいところは、実際に自分の会社の社員になりきり電話対応してくれるところです。相手も何の疑いも持ちません。電話受け付けが必要のない業種であれば事務所の電話を全て電話代行に丸投げする事が出来ます。そうなると事務員さんは事務処理に没頭できます。事務処理が可能な経営者は事務員さんに退社してもらえば人件費も浮きます。経営者は常に従業員の給料が毎月のプレッシャーですから、解放されるだけでも仕事に集中できますよね。

究極の経費削減が出来る

経営者にとって経費削減は売り上げを確保するための必須条件です。その中でも高くつくのが人件費と事務所代です。人件費が削除出来ても事務所が無ければ取引相手の信用に影響が出てきます。しかし電話代行を使えば取引相手の信用を失わない方法があります。電話代行業者が自社の住所を貸してくれるというものです。しかも名刺に住所を入れる事を許可してくれます。在庫を抱える必要のある仕事でなければ、思い切って事務所を解約するのが究極の経費削減です。

電話代行は担当者が不在の場合にも専門のオペレーターが対応することで、顧客や取引先を待たせてしまうことも無くなります。